英訳文章

1.在宅でのターミナルケアのポイント

目 標

ケ ア 内 容

1 身体的苦痛の緩和 

  • 疼痛の緩和 
  • 体温調節(湯たんぽ、マッサージ等) 
  • 呼吸管理(体位、痰の除去)
2 病状観察と予測される問題解決のための家族指導
  • 体症状などの観察(バイタルサイン、食事摂取量、排泄量等)
3 状況変化への対応
  • 主治医への報告 
  • 主治医の往診 
  • 家族から入院させたいとの希望が出たときの対応

4 死亡(家族からの連絡があって急拠訪問するときなど)

  • 患者の状況と、呼吸停止時間の確認 
  • 主治医への連絡(まだ連絡していないとき)
  • 医師の死亡宣告の後に、家族へのお悔やみ、ねぎらいを述べる
5 死後の処置 
  • 死後の処置(葬儀屋にまかせることもあるが、保健婦が家族とともに行うこともある)使用器具(チューブ類など)の除去、排尿、清拭、整容など
  • 回りの整理整頓
6 家族のフォローアップ
  • 葬儀など一段落したところ、必要があれば家族への支援(MSWなどへの連携により悲嘆から立ち直るためのアドバイスなど)

参考文献:「高齢者保険指導論」 メジカルフレンド社 ↑↑

 

2.老人の在宅ケアにおける看護サービス提供側の評価項目

  1. 医療及び看護に関する基礎知識
  2. 観察、判断、技術、予測、応用、工夫の能力
  3. 総合的アセスメント
  4. 医療との適切な関係の成立
  5. 遺族関係の理解とパーキンソンのとらえ方
  6. 福祉サービスなどの適切な導入と円滑な連携、調整
  7. 生活全体に関わる状況判断、入院、在宅、ショートステイ、デイケアの選択
  8. 自己洞察の仕方やスーパーバイズのされ方
  9. 学習意欲や行動力
  10. 人の「生き方」に対する度量
  11. その他

3.在宅ケアサービスの受け手に関する評価項目

項 目

例 示

1身体的な変化

栄養の改善、ADLの向上、苦痛の軽減、身体の清潔、排泄のトラブルの減少など

2精神的な変化

精神状態の安定、病気や傷害の受容、援助の受け入れ方、表情、精神症状の改善など

3生活の仕方の変化

行動範囲の拡大、生活リズムの改善、自分のやるべき事柄の有無、自発的な行為の有無など

4終末の迎えかた

苦痛の有無、精神の安定、医療の適否、本人のニーズとの折り合いなど

5介護者の変化

介護方法の改善、人間関係の改善、介護力の強化、介護する意志や姿勢の変化など

6諸サービスの導入による変化

本人のニーズとの適合性、家族にとっての適合性、在宅療養全体にとっての効果など

7地域社会との関係

訪れる人の有無、参加できる場の有無と参加の仕方、ボランティアの導入、外出のさせ方など

医 療

医師との信頼関係、、受信の方法、症状の軽減、薬の副作用の有無など

 

 

4.終末期を家庭で看取ることへのかかわり

  1. 終末期であることの認識と死に直面することについて、家族の精神的準備を援助する
  2. 死を迎える場の選択について話し合い、合意を得るようにはたらきかける
  3. 家族の介護力の確保
  4. 主治医との連携
  5. 家族とともに行うケア
  6. 死亡後の援助

 

 

5.家族にとっての老人の死

  1. 天寿を全うしたととらえられる死
  2. 悲しい別れとなる死
  3. 問題解決をもたらす死
  4. 問題を残した死

 

 

6.悲嘆のプロセス(A.デーケンの分類)

精神的打撃と麻痺状態

愛する人の死という衝撃によって、一時的に現実感覚が麻痺状態になる。防衛規制の一種

否認

相手の死という事実を否定

パニック

身近な死に直面した恐怖による極度のパニック

怒りと不当感

不当な苦しみを負わされたという感情からの強い怒り

敵意とルサンチマン(妬み)

周囲の人々や個人に対して、敵意という形で、やり場のない感情をぶつける

罪意識

悲嘆の行為を代表する反応で、過去の行いを悔やみ自分を責める

空想形成

幻想ー空想の中で、故人がまだ生きているかのように思い込み、実生活でもそのように振る舞う

孤独感と抑鬱

健全な悲嘆のプロセスの一部分、早く乗り越えようとする努力と周囲の援助が重要

精神的混乱とアパシー(無関心)

日々の生活目標を見失った空虚さから、どうしていいかわからなくなる

10あきらめ 受容

自分の置かれた状況を「明らか」にみつめ、現実に勇気を持って直面しようとする

11新しい希望 ユーモアと笑いの再発見

ユーモアと笑いは健康的な生活に欠かせない要素で、その復活は、悲嘆プロセスを乗り切りつつあるしるし

12立ち直りの段階 新しいアイデンティティの誕生

以前の自分に戻るのではなく、苦悩に満ちた悲嘆のプロセスを経て、より成熟した人格者として生まれ変わる

(アルフォンス・デーケン著:「 悲嘆を越える成熟への道、伴侶に先立たれたとき 」 春秋社)

 

 

関連情報 : 遺言書について

自筆証書遺言

遺言者が自ら遺言書の全文、年月日を記載し、署名捺印するもので、証人または立会人は不要である。
最も簡単で,遺言を作ったことを誰にも知られないところが長所であるが、紛失したり、隠されたりする恐れがあり、保管が難しいのが短所である。

公正証書遺言

二人以上の証人の立会いのもとに、遺言者自身が口頭で遺言し、公証人がこれを筆記して、遺言者及び証人が筆記の正確なことを確認の上、各人が、署名捺印するものである。公証人がつくるので正確であるし、原本が公証人役場に保管されるので紛失等のおそれはないといえるが、必ずしも遺言内容を秘密にしておくことができないのが短所である。

秘密証書遺言

遺言者が遺言の証書を作り(自筆でなくてもタイプ、代筆でよい)、署名捺印して封印した後,公証人と二人以上の証人の前に提出し、自分の遺言書であることを証明してもらうもので封書に本人、証人及び公証人が、署名捺印する。秘密は保てるが、内容に書き落としがありうる点が心配される。


 

寝たきりゼロへの10ヶ条 | 介護の基本知識 | 在宅でのターミナルケアのポイント


 ご意見・情報をお寄せ下さい info@yayoi-group.com

ヤヨイメデコのホームページへ 最終更新日: 2002/7/25