高齢者向け住宅増改築計画の作成



  高齢者向けの住宅増改築は、利用者の身体状況や、居住している住宅がさまざまですので、その費用は千差万別です。 しかし、共通点がかなり見られるのも事実です。そこで、一般共通項目としてその要点を列挙します。


1 住宅増改築は移動方法を決めることから始まる

住宅内の移動方法は、独歩、伝い歩き、杖歩行、車いす移動、四んばい、ひざ立ち歩行、寝返りな  どの床上移動、リフター、ホイストなどの機器使用などが考えられるが、それぞれの移動方法をスム  ーズに実現するには、それぞれ異なった解決方法が必要である。なかでも車いす移動は、わが国の住  宅構造が伝統的に守っている一間(=1.82m)という基準寸法があるために、廊下や戸の幅員の大幅  な改造を余儀なくされる場合が多いし、次に述べる床面の段差の除去も必ず実施しなければならない。  ともあれ、移動方法は、各々の日常生活動作の姿位ともに大きく関係しているので、全般を眺めて決  定するのがよい。また、住宅内の移動がすべて同一方法で行われなくとも、日常生活動作別ごとに、 移動場所ごとに決定することも可能であるが、移動方法の種類は少ないほうがよいことはいうまでもない。

2 床面の段差を除去する

高齢者にとって段差は移動の妨げになるばかりでなく、安全性確保の面から見ても重要である。車  いすではわずか25m/mの段差があったら通過できないし、上肢の弱い人だとわずか数m/mの段差  が乗り越えられない。伝い歩きの人でも敷居やレールにつまづいて転倒する例もしばしば見られる。  段差の除去ならびに段差をつくらないことが高齢者住宅の原点であるといっても過言ではあるまい。

3 床面を滑りにくくする

廊下の床面で滑って転倒する事故は予想外に多い。 ことに、高齢者は足を踏んばることが困難なた めに大きな事故につながる。滑りにくい床材の選択は不可欠である。たとえば、カーペットタイル、 クッションフロア、コルクタイルは好ましく、フローリング材でもワックスがけをしなくともよい仕 上げであるならば十分に使用できる。

4 手すりをつける

移動時の身体を安定させるために、あるいは車いすから便器 や浴槽へと身体を移乗するような場合には手すりが必要である。手すりの取り付けは、一般的にいって、 身体が上下方向に移動する場合や行為では縦手すりを、水平方向に移動する場所や行為では水平手すり を取り付けることが多い。また、手すりには全体をかけて使用する場合が多いので壁面に堅固に取り付 けるよう心がけなければならない。

5 スペースを確保する

移動方法の項で、車いす使用の場合の廊下や戸の幅員につい て触れたが、高齢者の居住空間を考えるとき、多少の面積的な余裕があることが望ましい。一つは車いす使用の場合、車いすの向きを変え  たり、通行のために一定の面積が必要であるし、伝い歩きの場合でも向きを変えたりするときに上半  身が移動する高齢者もいるので安全のためにスペース上の広がりがほしい。部屋の大きさを決定する  ときには家具の大きさをや配置を考えると同時に移動のスペースも配慮して欲しい。   さらに、日常生活動作を行うときにどうしても介助が必要な場合には、介助動作がしやすいように  位置・動作スペースを十分に検討しておいたほうがよい。

6 照明に配慮する

日常災害の多くは住宅内の段差が原因になっている。ところが段差のある箇所の照明は他の部屋に  比べるといずれも照明が暗くなっており、それが段差を認識させにくい遠因になっていると思われる  。また、照明の光源は目に優しくするために、間接・半間接照明がよい。

7 色彩に配慮する

日常災害の多くは使用者の不注意から起こる。従って、高齢者の場合は身体特性上どうしても多く  なる。注意を喚起する建築上の配慮をさりげなく行うことが必要である。廊下と階段の壁の色を変え  るとか、壁と戸の色を変えるなどして、一つひとつの動作を確実に行えるようにする。

8 暖房・冷房の配慮

室温の急激な変化は高齢者の身体に大きな負担を強いる。特に冬の時期に寝室から寒い廊下を通っ  て便所に行くことなどは厳に慎まなければならない。また脱衣・浴室内が十分に暖まっていないとこ  ろで脱衣をして、浴槽に入って発作を起こす例が多く報告されている。一方高齢者には冷房は要らな  い、といった誤った考え方がされている。青壮年に比べれば活動的でない分だけ体内のエネルギーが  燃焼しないのは事実であるが、外温が、ある温度以上あるいは以下になればやはり暖・冷房の設備は  必要と考えるべきである。

9 非常時の連絡および非難を考える

高齢者が常日頃不安を感じていることの一つに非常時に誰にどのように連絡をとったらよいか、ど  うやったら安全な場所に避難できるか、があげられている。解決方法は高齢者が置かれている環境に  よってかなり異なってくるのだが、少なくとも就寝室から直接屋外に出られるような工夫が必要であ  る。また、非常事態の発生を屋外に知らせるようなベルを取り付けた例もある。 


新築増改築融資及び助成制度参照へ

 ご意見・情報をお寄せ下さい info@yayoi-group.com

ヤヨイメデコのホームページへ 最終更新日: 2002/2/1