介護保険のサービスと費用について



サーピスの内容
■在宅介護サーピス
  1. 訪間介護……入浴,排泄,食事等の介護
  2. 訪問看護……看護婦らによる療養上の世話,診療の補助
  3. 訪間リハビリテーション 
  4. 居宅療養管理指導……医師,薬剤師らによる療養上の指導
  5. 通所介護…デイナーピスセンター等
  6. 通所リハピリテーション
  7. 短期入所生活介護……短期入所施設に入り,生活,機能訓練
  8. 短期入所療養介護……老健施設への一時入所
  9. 痴呆対応型入所者生活介護
  10. 特定施設入所者生活介護……有料老人ホーム等
  11. 福祉用具賃与
  12. 他に,市町村が条例で定めるサービス(18条)

■施設サービス
  1. 介護福祉施設サービス……特別養護老人ホームヘの入所
  2. 介護保健施設サービス……老健施設への入所
  3. 介護療養施設サービス……療養型病床群(病院)ヘの入所



介護保険の対象外となる「自立」認定者への支援
生活支援事業
  • 食事の宅配サービス
  • 医療機関などへの外出支援
  • 寝具の洗濯・乾燥
  • 地域ボランティアによる家事支援
  • 住宅改修の相談・助言
  • 訪問理美容
  • 高齢者の共同生活への支援

介護予防・生きがい活動支援事業
  • 痴呆予防教室
  • 店頭予防教室
  • 炊事・洗濯など家事訓練
  • 食生活改善・運動の指導
  • 公民館などでの趣味・生きがい活動の支援
  • 社会適応が困難な高齢者への家事指導など

自治体の追加サービス
第1号被保険者の保険料か独自財源で賄う。国費補助でない。
上乗せサービス 標準サービスの回数を増やす
  • ホームヘルパーの訪問
  • 特養への短期入所
  • 訪問入浴介護
  • デイサービスセンターの利用回数追加
  • などなど

横出しサービス 標準外のサービスを提供する
  • 紙おむつの支給
  • 配食サービス
  • 移送サービス
  • 布団乾燥サービス
  • などなど





[ 介護サービスの1ヶ月当たりの利用限度額 ]

在宅サービスの利用限度額
要介護度 訪問通所サービス及び
福祉用具レンタルの限度額
短期入所サービス 福祉用具購入 住宅改修
要支援 61,500円 7日/6ヶ月 毎年度一律10万円を限度 同一住居につき
一律20万円を限度
要介護1 194,800円 14日/6ヶ月
要介護2 267,500円 14日/6ヶ月
要介護3 267,500円 21日/6ヶ月
要介護4 306,000円 21日/6ヶ月
要介護5 358,300円 42日/6ヶ月
上記限度額のうち使わない部分を短期入所サービスに振り替えて使うことができます。



施設サービス利用の場合の自己負担額(月額平均)
種類 内容 自己負担のめやす
介護老人福祉施設 これまでの特別養護老人ホーム 4.4〜5.3万円
介護度、事業者により異なる
介護老人保健施設 これまでの老人保健施設 4.8〜5.5万円
介護度、事業者により異なる
介護療養型医療施設 これまでの老人病院など 4.8〜6.5万円
介護度、事業者により異なる

 

施設サービス費用額
介護老人福祉施設 介護老人保健施設 介護療養型医療施設
266,700円〜351,300円 309,300円〜372,000円 309,600円〜471,600円

 

施設での食事の標準負担額 1日の食費の負担額

区分

食事標準負担額
市民税が世帯非課税の老齢福祉年金受給者 300円
市民税が世帯非課税の場合 500円
上記以外の場合 780円




[ 介護認定の目安と1週間の在宅サービス利用例 ]
*状態訪問介護訪問看護訪問リハビリ訪問入浴 通所リハビリ短期入所(半年
要支援日常生活は出来るが、歩行不安定2回0・25-- 1〜6週
要介護度1排泄・入浴に一部介助が必要 -- 2〜12
要介護度2歩行・立ち上がりが出来ない -- 2〜12
要介護度3排泄・入浴に全面介助が必要7.5 -- 3〜13
要介護度4日常生活に全面的介助が必要8.5 0.5 -3〜13
要介護度5生活全般に全面介助が必要13 - -6〜14
注 訪問介護・看護は身体介護中心で30分以上1時間未満。巡回型(30分未満)1回を0.5回分として計算



[ ケアプラン/要介護3の例 ] (訪問サービスに重点を置いた組み合わせ: 利用上限が月額267,500円
午前午後
訪問看護巡回型訪問介護(30分)
通所介護または通所リハビリ(午後にわたる)巡回型訪問介護(30分)
訪問介護巡回型訪問介護(30分)
訪問介護巡回型訪問介護(30分)
通所介護または通所リハビリ(午後にわたる)巡回型訪問介護(30分)
訪問介護巡回型訪問介護(30分)
訪問介護巡回型訪問介護(30分)
(1)短期入所6ヶ月に3週 (2)福祉用具貸与車椅子、特殊ベッド、マットレス   



[ 主な介護サービスの内容と費用 ](試算:この金額の1割が被保険者負担となります)
種  類
内容・対象者
費  用( 円)
目標(2004年度)
ゴールドプラン21  
VS 新ゴールドプラン
家庭を訪問するサービス身体介護
30分未満2,310円
1時間未満4,020円
1時間30分未満5,840円
以降30分毎830円
@早朝・夜間25%、深夜50%
A離島・山間部15%加算
B三級ホームヘルパーによるサービスは90%
ヘルパー
35万 ← 17万人
生活援助
30分以上1時間未満2,080円
1時間30分未満2,910円
以降30分毎830円
@AB
通院等乗降介助
1回につき1,000円
訪問入浴介護巡回入浴車で家庭を訪問して入浴介護
看護職員1名・介護職員2名の場合
1回12,500円
A
訪問看護看護婦・保健婦の訪問
*訪問看護st  病院・診療所
30分未満4,250円3,430円
1時間未満8,300円5,500円
1時間30分まで11,980円8,450円
月2回目以降2,900円加算
重症者管理加算2,500円他
@BC准看護婦は10%減額
ステーション
9.9千 ← 5千ヶ所
訪問リハビリテーション*1回5,500円
居宅療養看護指導医師、歯科医などが訪問して行なう
療養上の管理
医師・歯科医師5,000円
薬剤師5,500円
管理栄養士5,300円
歯科衛生士など5,500円
在宅総合診療料を算定する場合に限り、医師の単価 2,900円
通所介護
(デイサービス)
デイサービスセンターの利用(4〜6時間)
*  単独特養併設痴呆
要支援   4,080円 3,440円 6,330円
要介護1-2   5,060円 4,380円 7,300円
要介護3-5   7,180円 6,450円 9,810円
食事390円、片道送迎440円、入浴介助390円、特別浴600円加算
デイサービスセンターなど
2.6万 ← 1.7万ヶ所
通所リハビリテーション
(デイケア)
老人保健施設でのリハビリテーションなど
*   医療機関診療所老健施設
要支援   4,040円 4,040円 4,040円
要介護1-2   5,000円 5,000円 5,000円
要介護3-5   6,940円 6,940円 6,940円
食事390円、片道送迎440円、入浴介助390円、特別浴600円加算
ショートステイ介護施設などで要介護者を短期間預かる短期入所生活介護 利用者と介護・看護職員は3:1 (1日当たり)
*   単独型併設型
要支援   8,310円  7,970円
要介護1   8,750円  8,410円
要介護2   9,460円  9,120円
要介護3  11,160円  9,820円
要介護4  10,870円 10,530円
要介護5  11,570円 11,230円
短期入所療養介護 老健は利用者と介護・看護職員は3:1。
療養型病床群は利用者と介護・看護職員は6:1(1日当たり)
*   老健施設型療養型病床群
要支援   9,490円 8,740円
要介護1   9,830円 8,940円
要介護2  10,320円10,050円
要介護3  10,850円11,560円
要介護4  11,390円13,130円
要介護5  11,920円13,540円
9.6万 ← 6万人分
福祉用具の貸与・購入費の支給特殊ベッドや車椅子等の貸与や購入貸与する福祉用具(参照)
住宅改修費の支給家庭でのてすりの取付け、段差の解消等の小規模の改修新築増改築融資及び助成制度(参照)
居宅介護サービス計画作成1件につき1ヶ月当たり
要支援・要介護1-5   8,500円
痴呆対応型共同生活介護
(痴呆高齢者グループホーム)
共同生活を送る痴呆性高齢者に対する介護
1日当たり
要支援   -円
要介護1   7,960円
要介護2   8,120円
要介護3   8,280円
要介護4   8,440円
要介護5   8,610円
特定施設入所者生活介護有料老人ホーム等での住宅サービスの利用
1日当たり
要支援   2,380円
要介護1   5,490円
要介護2   6,160円
要介護3   6,830円
要介護4   7,500円
要介護5   8,180円
グループホーム
3.2千ヶ所

ケアハウス
10.5万人分

高齢者生活福祉センター
1.8千ヶ所

介護老人福祉施設常に介護が必要で在宅での暮らしが困難な人
介護職員3:1以上
1日当たり
カッコ内は以前からの継続入所者
自立・要支援(6,770円)+基本食事サービス費
要介護16,770円(6,770円)+ 〃
要介護27,480円(7,870円)+ 〃
要介護38,150円(7,870円)+ 〃
要介護48,890円(9,240円)+ 〃
要介護59,590円(9,240円)+ 〃
36万 ← 29万人分
介護老人保健施設家庭への復帰を前提としたリハビリテーションや介護が必要な人
看護・介護職員3:1以上
1日当たり
要介護1   8,190円+基本食事サービス費
要介護2   8,680円+基本食事サービス費
要介護3   9,210円+基本食事サービス費
要介護4   9,750円+基本食事サービス費
要介護5  10,280円+基本食事サービス費
29.7万 ← 28万人分
介護療養型医療施設脳卒中の後遺症など慢性疾患で長期療養が必要な人
介護職員4:1以上
1日当たり
要介護1    8,200円+基本食事サービス費
要介護2    9,300円+基本食事サービス費
要介護3   11,680円+基本食事サービス費
要介護4   12,690円+基本食事サービス費
要介護5   13,600円+基本食事サービス費
基本食事サービス費*1日当たり 2,120円
管理栄養士の管理や適時適温が出来ない場合 200円減額
栄養士がいない場合 600円減額
特別食 350円

 




 ご意見・情報をお寄せ下さい info@yayoi-group.com

ヤヨイメデコのホームページへ 最終更新日: 2003/7/1